風景

納税はお早めに

家電

下調べが重要です

ふるさと納税は近年話題になっている制度で、簡単に説明すると実質自己負担2000円で住民税等の控除が受けられるという制度です。ふるさと納税人気の理由は、例えば20000円寄付した場合、2000円を差し引いた18000円が翌年の住民税等から控除されるだけではなく、20000円の約50%である10000円前後の返礼品がもらえるという点にあります。中には家電が返礼品でもらえる自治体もあります。少々過熱しているふるさと納税ですが、3月末に総務省からの通知で返礼率を約3割に抑えるようにという通達が全自治体に対して出されました。この通達は、換金性の高い家電等を返礼品として提供している自治体や、加熱しているふるさと納税市場の抑制のために出されたものですが、いずれ家電等換金性の高い返礼品は提供が無くなることが予想されますので、返礼品を家電でお考えの方は早めに納税先の自治体を決めてしまう事をおすすめします。また、家電だけではなく他の自治体も返礼率を現行の約5割から3割程度へと落とす動きが出てきておりますので、家電以外をお考えの方も早めに納税先を決めてしまう方がよいでしょう。しかしながら下調べは重要になってきます。自治体によって返礼率も2017年5月現在ではバラバラですので、本当にお得な自治体を調べましょう。インターネットでふるさと納税上級者の方のブログ等を調べて参考にすれば比較的簡単に見つける事ができます。得しかない制度ですので、お得なうちに利用しましょう。

Copyright © 2017 ポイントで家電が手に入る!ふるさと納税を利用しよう All Rights Reserved.